こすっきーろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧型PCのアップグレード−SSDへの換装

<<   作成日時 : 2010/09/30 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

PCが遅くて勘弁ならんから何とかできないかとの相談を受けた。
モノは富士通のデスクトップ(FMV DESKPOWER CE11A)で2002年のモデルだ。
一応、WindowsXPHomeにDVD-ROMドライブやらIEEE1394といったベーシックな機種だが全体的に古臭い。
特にHDDは80GBが付いているもの、明らかに動作音が大きく不良セクタも出てきていて寿命が近い。
かろうじてメモリは当初の256MBから768MBに増設してあるが救いか。
ちなみにCPUはAMDのDuron1.1GHzとなっている。
本来なら新品を買った方がコストパフォーマンス的によいだろう。
しかし予算が無いのと諸般の事情からあと1年ほどXPを使い続ける必要があることから延命することとなった。
まず、必要なデータを退避してXPをクリーンインストールする。
クリーンインストールして必要なドライバを入れた状態だとそこそこの速度で動く。
しかし、Officeを入れウイルス対策ソフトを入れると起動にたっぷり3分以上かかるようになってしまう。
まずはHDDの交換が必要だろう。
今は1TB以上の大容量モデルが数千円で購入できるが起動ドライブとして使うならSSDがいいだろう。
特にランダムアクセスが多い場面ではその差は顕著になる。
幸い予算が2万円とのことだったので思い切ってINTELのSSD(X25-V)を選択してみた。
無論マザーボード上にはSATAが無いのでPCIのSATAカード(PROMISE SATAII150 TX2Plus)も購入する。
さて、いよいよOSの移行作業にかかる。

1.SATAカードを装着してHDDからシステムを起動
2.SATAカードのドライバをインストール
3.SATAカードにSSDを装着
4.CD-ROMドライブにGPartedのLiveCDを入れてCDブート
5.GPartedを使ってSSDに起動用パーティションを作成
6.GPartedを使ってHDDの起動用パーティションのサイズをSSDのパーティションサイズと同じに調整
7.シャットダウンして、今度はG4LのLiveCDで起動
8.G4LでHDD上のパーティションのデータをSSDに複写
9.シャットダウンして、HDDを外し再起動
10.無事にSSDから起動したらHDDを外してSSDを装着して完了

さて、換装後の状況だが・・・見違えるように速くなった。

起動についてもHDDの時にはまともに使用できるまで3分以上かかっていたものが1分程度で使えるようになった。
また、アプリケーションの使用感についてもサクサクと動く。
恐るべきSSDの威力。

ベンチマークを比較すると次の通り

【ハードディスクの場合】
Sequential Read : 41.970 MB/s
Sequential Write : 41.511 MB/s
Random Read 512KB : 22.587 MB/s
Random Write 512KB : 22.831 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.396 MB/s [ 96.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.853 MB/s [ 208.2 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 0.778 MB/s [ 189.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 1.002 MB/s [ 244.6 IOPS]

【SATAカード(SATAII150TX2plus) + SSD(INTEL X25-V)の場合】
Sequential Read : 97.754 MB/s
Sequential Write : 44.287 MB/s
Random Read 512KB : 86.573 MB/s
Random Write 512KB : 43.430 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 17.874 MB/s [ 4363.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 31.892 MB/s [ 7786.1 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 20.657 MB/s [ 5043.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 43.886 MB/s [ 10714.3 IOPS]

SSDでSequential Readが遅いのはPCIのSATAカードがボトルネックとなっているからだろう。
それでもRandom関係が恐ろしく速い。

実際に使ったユーザの感想も、以前とはまるで別の機種になったと好評だ。
あと5千円ほど予算があるのでメモリ増設と出来ればCPUも換装出来ればOffice用途なら不足無いだろう。

画像


おまけとしてSATAカードを使わずにIDE-SATA変換アダプタを使った場合もテストしてみた。

【IDE-SATAアダプタ(IDE-SATAIM)+SSD(INTEL X25-V)の場合】
Sequential Read : 32.334 MB/s
Sequential Write : 31.555 MB/s
Random Read 512KB : 30.665 MB/s
Random Write 512KB : 31.337 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 12.084 MB/s [ 2950.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 17.674 MB/s [ 4315.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 13.427 MB/s [ 3278.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 22.708 MB/s [ 5544.0 IOPS]

この変換基板で使用しているチップはSunplusIT SPIF223A。
HDDに比べると速いがPCIのSATAカードの半分程度のパフォーマンスしか出ていない。
PCIスロットに空きがあるならIDE-SATAアダプタよりもSATAカードを使ったほうが良さそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SSDをオークションで入手
プリンタのオークションDELLのパソコンはオークションが安いSSDでパソコン高速化するならオークションオークションで前から気になっていたSSDを購入しみた。トランセンドの32GBの廉価なやつを...古いノートパソコンを高速化してみたかったのだけど、ネットの評判では、プチフリの問題が多く指摘されているので、ちょっと心配でした。で、結果は、パソコンを変えていろいろ試した見たけど、NECノートはOK日立のデスクトップもOKプチフリも気にならないし、高速化もまずまず体感できるので、良.. ...続きを見る
パソコンお買い物情報
2010/12/06 08:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧型PCのアップグレード−SSDへの換装 こすっきーろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる