こすっきーろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS ジェベルのパンク修理

<<   作成日時 : 2010/10/03 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく秋らしく涼しい日が続くようになった日曜日、今年最後のツーリングシーズンということで気になっていたジェベルのパンク修理を行なった。

画像


我がジェベル、ここ1ヶ月ほど後輪のタイヤの空気が2週間ほどで完全に抜けてしまう状態が続いていた。
空気を入れるとしばらくは持つ事から小さい穴が空いてスローパンクチャー状態と思われる。
しばらく空気を入れながら騙し騙し乗っていたのだが、いよいよ修理することにした。
パンク修理は自転車は嫌というほどやっているのだがバイクは初めてなのでまずは道具一式を揃える事から始める。
webikeでタイヤレバー3本とムシ回し、リムプロテクター諸々(約4千円)を揃えていざ作業開始。
ブレーキ周りのネジとスプロケットからチェーンを外してスイングアームからリヤタイヤを外す。
タイヤのビートを落としてタイヤレバーでビートを抜くが・・・これがなかなか難しい。
自転車の数倍の力を入れながらもなかなか外れない。
20分ほど悪戦苦闘しながらやっとこチューブを取り出す。
パンクしてる場所をチューブを水に浸けながらさがすとバルブの反対側の中央に一箇所本当に小さい穴が見つかる。
タイヤを確認すると見事に釘?と思われる針金が刺さっていた。

画像


こんな物が刺さっていてもスローパンクチャーで済むんだとバイクの耐久力にびっくり。
自転車ならタイヤもダメになっているだろうな。

チューブにパッチをあてて空気漏れのチェックをして再び装着するが・・・バルブをいれるのにまた一苦労。
ビートが固く、手が入らないのでバルブがなかなか刺さらない。
ここでも悪戦苦闘しながらもなんとか押しこんで完了。
最後に空気を多めにいれてビートを入れてなんとか作業が終わったが都合2時間ほど時間がかかってしまった。

しばらく様子を見て空気圧がに変化が無ければいいなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジェベルのパンク修理 こすっきーろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる