こすっきーろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シン・ゴジラ」を見てきた(ネタバレ注意)

<<   作成日時 : 2016/08/20 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今更ながら話題の「シン・ゴジラ」を見てきた。
週末のレイトショーで客入りは20人ほど。
まぁ、地方のシネコンなんでこれでも上々だろう。

「面白いらしいがネタバレ注意」ということで極力事前情報を得ずに行った。
感想は、「あー、これは良い」という率直なもの。
展開のスピード感、映像美、シチュエーションと見ていて飽きさせないものがある。
特に想像上のゴジラ(の誕生や成長)に現実的な背景付けがなされたことでリアリティを持って物語を受け入れることができた。
あと、実写(とCG)の映画にも関わらずアニメや漫画的な構図というかスタイルが端々に良い感じで使われていたの印象的だった。後半の矢口と赤坂のやり取りなんかはかわぐちかいじの漫画、「沈黙の艦隊」を彷彿とさせる男くささにちょいとシビレてしまった。
あと、僅かに見てしまった事前情報だと、アチコチに小ネタも仕込まれているようだが全く気が付かなかった。
この辺は再度映画館に行くかDVDでじっくりと見る楽しみもありそうで商売うまいなぁと思う。

ちょっと気になったこととしては、ストーリー展開の早さゆえにキャラクターの個性が薄くなってしまっている事。
主演の3名はともかく、他の面々も掘り下げればなかなか面白そうな感じだ。
特に矢口チームの面々は強い個性を持っているようなので、もっと前面に出てほしかった。
一方で政治的な駆け引きには多くの時間が費やされていたが、内政・外交の両面も中途半端な感じになっている。
実際首都に甚大な被害が出て中枢が機能しなくなればアメリカだけでなく周辺国だって自国民保護の名目でエグイ手を打ってくる可能性もある。それに、国連決議執行を延期させる為のフランスとの交渉が頭を下げるだけではあんまりだろう。
できれば、
第一部:冒頭〜首都防衛戦
第二部:侵攻休止〜国連決議
第三部:暗号解読〜決戦
の3部作くらいで作っても良かったなぁとも思う。

いずれにせよ見応えのある映画ではあった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シン・ゴジラ」を見てきた(ネタバレ注意) こすっきーろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる